アイコン太陽ハウジングのタッフブログ
アイコンテキスト

  • TOP>
  • スタッフブログ

2022.02.17

家づくりコラム

冬もあたたかい家づくりのヒミツ【遮熱高断熱形Low-E復層】

こんにちは。太陽ハウジングです。

 

以前、あたたかい家づくりのヒミツとして断熱材のお話をしました。壁に断熱材を埋め込むことで、外気の影響を受けにくくなります。

 

しかし、壁だけに寒さ対策を行うだけでは不十分です。冷気の侵入経路として窓が挙げられます。特に窓が大きければ大きいほど、外気の影響を受けやすくなるのです。

太陽ハウジングではすべての窓ガラスに「遮熱高断熱形Low-E復層」というものを標準で採用しています。窓ガラスを2枚使い、ガラスの間に空気の層を設けることで、熱が伝わりにくくなります。室内が寒くなりにくいのはもちろん、この時期の悩みのタネになる結露も発生しにくいです。

 

また、夏は逆に熱気が室内に伝わりにくくなります。強烈な西日が射し込むようなお部屋でも室内は涼しいままです。

 

外気温の影響を受けにくい、快適な室温がキープできるということで、光熱費の削減にもつながります。

断熱材や遮熱高断熱形Low-E復層といったアイテムがあるから、太陽ハウジングのお家では冬はぽかぽか、夏はすずしく、一年を通じて快適に過ごしていただけます。ぜひモデルハウスで体感してみてください!