アイコン太陽ハウジングのタッフブログ
アイコンテキスト

  • TOP>
  • スタッフブログ

2022.03.16

営業課・村田

ホテル療養について

こんにちは。営業の村田です。

先月になりますが、新型コロナウイルスに感染しました。

幸いなことに家族や会社の誰にも感染していなかったのが救いです。

今回のカミングアウト。

私の場合、運が良かったのか、たまたまホテルが空いており、

自宅ではなくホテル療養でした。

ただ、ホテル療養の情報が少ないので、該当する方はあまりいないかもしれませんが、

ご参考に・・・

 

まずは簡単な流れから

発熱、咳、喉の痛み⇒保健所連絡⇒病院検査⇒陽性⇒入院⇒ホテル療養

発熱、咳、喉の痛みは典型的なオミクロン株の症状らしいです。

その後の入院は酸素飽和度90%を下回ったため。

早めに回復して1泊2日の入院生活。

病院からホテルへ搬送といったところです。

 

ホテル療養先が東横イン名古屋名駅南でした。

保健所が用意してくれた専用のタクシーで送ってくれます。

滞在する部屋はこんな感じです。イメージ通りのビジネスホテル。

 

ホテル療養中はもちろん外出禁止です。

食べ物・飲み物、ティッシュとトイレットペーパーは療養施設で準備してくれますが、

それ以外はすべて自分で準備になります。準備というより持っていくが正しいですね。

最低限必要な物は、着替え、スリッパ、洗面用品(歯ブラシ歯磨き粉)、

入浴用品(シャンプーリンスボディソープなど)、タオルなど

必須な物はスマホと充電ケーブルです。

スマホはアプリを使って健康観察を行うためです。

健康観察は毎日4回、それ以外に室内電話が1~2回かかってきます。

 

食べ物と飲み物は療養施設で準備とありますが・・・

飲み物は水のみです。

ジュースやコーヒーはもちろんですが、お茶、ポカリなど一切ありません。

2リットルのいろはすのみです。

粉末のお茶はあります。微妙というかクセがスゴい味です。

 

なぜか弁当は超がつくほど豪華です。

仕出し弁当やおせち料理で有名な八百彦本店のお弁当。

   

    

私の場合、ホテル療養中も体調が戻らず、退所の3日前まで食べれませんでした(涙)

廊下にレンジがあるので、温めることができます。

私の部屋の前にレンジが置いてあったので、「チーン」の音が耳障りでした。

 

 

事前に準備ができなかったので、療養の荷造りは奥さん任せでしたが、

インスタントコーヒー紅茶、ポカリや野菜生活、ウィダーインゼリー、

塩っ気のあるお菓子など会社のPCまで入ってました。

本当にすごい奥さんです。

 

個人的にあったほうが良い物として・・・

身体を洗うボディタオル(ガシガシ洗いたい気分になります)

入浴剤(東横インの浴槽は大きいので、あと気分を変えられる)

野菜生活みたいな飲み物(野菜を摂ることがないので)

加湿器(ホテル内は換気のためカラカラです)

 

 

新型コロナウイルスに感染して無症状の人もいれば、亡くなる方もみえます。

私は高熱(39度超え)が5日間続いて体力を根こそぎ持っていかれました。

高齢者は体力がなく亡くなってしまうみたいです。

いずれにしても、コロナはなってはいけない病気と感じました。

予防効果のある3回目のワクチン接種を早めに家族知人に勧めていきます。

皆さんも少しでも感染リスクを抑えるために早めにワクチン接種をしてくださいね。

今思えば、副反応が本当に可愛く感じます。

 

では(=゚ω゚)ノ

murata